エアコン 掃除 仕方。 エアコン掃除を自分でやる方法!フィルター・ファンのカビ取りの仕方は?

エアコンの掃除の仕方!ファンはどうする?スプレーの使い方や注意点

エアコン 掃除 仕方

【目次】• 自分で簡単にできるフィルターの掃除方法 エアコンをお掃除する際、ほとんどの方がフィルターをキレイにしていると思いますが、どのようにお掃除していますか? フィルターを取り外し、掃除機でホコリや汚れを吸い取っている方が多いのではないでしょうか。 この掃除方法は決して間違っているわけではありませんが、エアコンの仕組みとフィルターの特性を理解した上でお掃除すると、より効率的に汚れを落とすことができます。 用意するもの• キレイなタオル2枚• 台所用の中性洗剤• ホコリが舞い散るのを防ぐため、まずはフィルターがエアコンに付いている状態で、フィルターやその周辺に付いたホコリを掃除機で吸い取ります。 ほとんどのエアコンは、正面から見て両サイドにパネルを上げるための凹みがあるので、両手でその凹みを掴んでゆっくりすくい上げるように開けてみましょう。 ポイントは左右の力を均等にすること。 ある程度上まで上げると「カチッ」と引っかかり、手を放しても落ちてこなくなります。 これでフィルターを外すことができます。 エアコンのフィルターは薄いプラスチックでできているため、強い力を加えると歪んだり破れてしまうことがあるので注意しましょう。 ホコリの多くはフィルターの表側に付いていますので、表側から掃除機をかけましょう。 裏側から掃除機で吸ってしまうと、ホコリがフィルターの目に詰まってしまいます。 お掃除をする2回に1回は、掃除機で吸った後に浴室でシャワーをかけて水洗いしましょう。 このとき、表面から水圧をかけると逆にホコリが詰まってしまいますので、掃除機とは逆に裏面からシャワーを当てましょう。 水洗いで落ちない汚れが付いている場合は、台所の中性洗剤を水で薄め、柔らかいブラシを使って洗うと、フィルターを傷めずにお掃除できます。 濡れたまま戻すとカビの原因になってしまいますので、しっかりと拭きましょう。 エアコンの吹き出し口とルーバーの掃除方法 エアコンの吹き出し口は、熱交換器を通った空気が出て来る最後の部分です。 ここが汚れていては部屋中に汚れた空気を撒き散らすことになるので、手の届く範囲でキレイに拭き上げます。 用意するもの• キッチンペーパー• 割り箸• コンセントが無い場合は、ブレーカーを落とします。 ルーバーは手で動かしてキチンと閉まらなくても電源を入れれば、自動で元の位置に戻ります。 軽く回して動かない機種では、無理に作業しないでください。 この部分は手が届きにくいため、お掃除棒を使うのが便利でオススメです。 作り方は非常に簡単。 割り箸にキッチンペーパーを巻き付けて、輪ゴムで止めるだけで完成です。 エアコン内部の奥にあるフィンを傷つけないように、注意しながら見える範囲を拭くようにしましょう。 手が届かない場合や自信が無い場合は、決して無理に作業せず、プロにエアコンクリーニングを依頼した方が確実です。 届かなくて椅子に乗って作業する場合は、安全のために必ず誰か下についてもらいましょう。 エアコン内部のお掃除はプロにお任せ! 吹き出し口はこの方法でキレイになりますが、カビが一番付いている箇所は、表から見えにくいエアコン内部です。 細かな凹凸がたくさんあり、手の届かないところにカビがびっしり生えている場合もあります。 ファンのカビ・ホコリを全部取るには、安全に分解した後、業務用の高圧洗浄機が必要ですので、プロに任せましょう。 プロのクリーニング後にキレイな状態を保つ方法 プロの洗浄でキレイになったエアコンのキレイな状態を保つ方法をご紹介いたします。 カビを防ぐには、中を乾燥させてから切ることが大切です。 約1時間、送風運転を行ってエアコン内部を乾燥させると、カビ予防になり、悪臭を防ぐことができます。 部屋自体のニオイやホコリを減らし、窓をこまめに開けて換気することが、エアコンのニオイ防止に繋がります。 フィルターの汚れをこまめに取り除くことで、カビの繁殖を防ぐことができます。 今回ご紹介した方法でご家庭のエアコンをお掃除してみてはいかがでしょうか。 エアコンは夏は冷房、冬は暖房と1年を通して何かと出番が多い家電です。 定期的にお掃除することを心がけて、キレイな状態を保ちましょう!.

次の

エアコン掃除は意外と簡単!自分で真似できるプロのやり方を徹底解説|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

エアコン 掃除 仕方

エアコン(クーラー)カバーの取り外し では、作業に入る。 まずは、エアコン(クーラー)の電源を落とそう。 それと同時に窓を開けて換気も行う。 コンセントプラグを抜く。 で、周囲に絶対に濡らせない、汚せないものがある場合には、ブルーシートをはっておくと良いと思う。 ブルーシートをはったら、エアコン(クーラー)のカバーを開けて、フィルターを外す。 つまみ部分を持って、手前に引けば簡単に外れる。 2個とも外す。 次は、エアコン(クーラー)のおおもとのカバーを外すので、下部にあるカバーのネジを緩める。 左側のネジを緩める。 右側のネジを緩める。 あとは、カバーを手前に引っ張れば簡単に外れるのである。 エアコン洗浄カバー(養生シート)の取り付け エアコン(クーラー)カバーの取り外しが完了したら、次は、エアコン(クーラー)の養生を行う。 エアコン(クーラー)に、「」を取り付けよう。 ちなみに、この洗浄カバーはAmazonで購入したもので、いろいろなサイズのエアコン(クーラー)に簡単に装着できるので、かなり作業が楽である。 作りもしっかりとしているので、複数のエアコン(クーラー)にも対応できそうだ。 で、エアコン洗浄カバーを取り付けた後、忘れてはならないのが電気系統への養生作業である。 これを怠ると、電気系統に水がかかり不具合が発生するので、必ず養生シート(ビニール袋)などで養生しておく。 養生シート(ビニール袋)を被せた後は、マスキングテープなどでしっかりと固定しておこう。 フィン(熱交換器)の洗浄 エアコン洗浄カバーの取り付けが完了したら、次は、フィン(熱交換器)の洗浄を行う。 「タライ」と「フィン用の洗浄スプレー」を用意しよう。 タライを用意したら、排水チューブをその中に入れる。 あと洗浄剤は、ここでは「」を使用する。 準備ができたら、フィン(熱交換器)に洗浄剤をスプレーする。 フィン(熱交換器)には、それほどホコリがついていなかったので、そのまま市販の洗浄剤をスプレーしていく。 もしホコリなどが酷い場合には、ホコリを掃除機などを使って除去してから洗浄剤をスプレーしよう。 このタイプの洗浄剤は5回~6回以上強く振ったのちに、フィンから5㎝程離してフィンの向きに沿ってスプレーしよう。 デンキさん このとき、窓は開けておきましょう。 全体にまんべんなくスプレーする。 スプレー後は、約10分間放置したらOKとのこと。 スプレー後は、洗浄水が排水管から出てくるのも確認しておこう。 ファンの洗浄 フィン(熱交換器)の洗浄だけでなく、ファンの洗浄も行う場合には、また別の洗浄剤を使い洗浄していく。 ここでは、「」を使用する。 作業中は、ビニール手袋、マスク、保護メガネなどを着用した方が良いとのこと。 もちろん、窓も開けて換気を行う必要がある。 では、さっそく、 くうきれいの「ムース(STEP1)」にノズルを取り付けて、良く振って、ファン部分にノズルを差し込み、スプレーする。 ノズルの差し込む位置を変えながら、ファン全体にスプレーする。 で、ファンの内部を洗浄剤の泡で満たすようにする、と良いそう。 スプレーが終わったら、ノズルの先端でファンを押して少しずつ回転させ、5~6回転くらい回転させる。 その後は、20分~30分間放置。 この間、時々ファンを回転させておくと良いのだそう。 「ムース(STEP1)」での洗浄が終わったら、次は、「リンス(STEP2)」でスプレーする。 「リンス(STEP2)」にノズルを差し込んで、缶は振らずにそのままスプレーする。 「リンス(STEP2)」は、ファン内部に残る泡(洗浄剤)を取り除くようにスプレーすると良いのだそう。 あとは、洗浄液が流れ終われば、ファンの洗浄は完了である。 水洗い(すすぎ) ファンの洗浄が終わったら、フィンとファンの水洗いを行う。 水洗いは、汚れが酷い場合とかに行うようにと洗浄剤の説明書に記載されているのだが、汚れが酷い場合でなくても、フィンやファンに洗浄剤をかけたら最後に大量の水で水洗いをした方が無難だと思う。 洗浄剤がフィンやファンに残るのは、良いことではないからだ。 プロは専用の資器材を使ってすすぎ等行うが、自分でする場合には、そういったものがないので、ここでは、「」をペットボトル(500ml以上)の先端部分に取り付けて、水洗いを行う。 「ペットボトル専用加圧式おそうじスプレー ロングノズル付き」を使用する場合には、先端部分にロングノズルを付けて、500ml以上の水の入ったペットボトルを取り付けて、加圧し、先端の水流調節つまみを回して、ジェットスプレーで噴射するといいと思う。 汚れが酷い場所、洗浄剤が残っている場所に噴射しよう。 ジェットスプレーで噴射すると、狙った場所に噴射できるので良い。 全体に噴射して水洗いしたら、フィンの水洗い完了。 ファンの内部にも洗浄剤が残っていたので、残っている場所にジェットスプレーで水を噴射して水洗いを行う。 全体に噴射して水洗いしたら、ファンの水洗いは完了。 風の吹き出し口付近に汚れがある場合には、タオルやキッチンペーパーなどで拭くと綺麗になる。 タオルで汚れを取る。 あとこの時、もう水が垂れてこないようだったら、「エアコン洗浄カバー」と「電気系統の養生シート(ビニール袋)」も外しておく。 手が届かない場所には、細いドライバーなど何でも良いので、それをタオルなどに巻き付けて汚れを取り除く。 汚れを取り終わったら、OKである。 カバーとフィルターの清掃 水洗い(すすぎ)後は、エアコン(クーラー)のカバーとフィルターの清掃もしておく。 エアコン(クーラー)カバーは、キッチンペーパーやタオルなどで綺麗に汚れをふき取る。 フィルターは、自宅にコンプレッサーがある人はエアーでホコリを吹き飛ばしても良いと思う。 コンプレッサーがない場合には、お風呂場に行きシャワーなどで洗い流すと良い。 タライに入れて掃除すると、ホコリがお風呂場に流れないので良い。 フィルターを洗った。 もし水洗い(すすぎ)をしていない場合には、内部に薬剤が残っていた場合、薬剤臭がすることもあるようなので、必ず1時間程度自然乾燥させてからエアコン(クーラー)の運転を行うようにとのことです。 では、電源プラグをコンセントに差し込む。 あとは、エアコン(クーラー)を「送風運転」させる。 この時、若干水が飛び散るのでタオルなどを当てておくと良い。 通常通り運転できれば、電気系統も故障していないのでOKである。 感想 今回、洗浄・清掃したエアコン(クーラー)は、そこまで汚れていなかったので自分でした。 しかし、ファンなどの汚れがかなり酷い場合には、専門業者に任せた方が良い。 業者は、分解してファンなども綺麗に洗ってくれるようだからである。

次の

【徹底洗浄】エアコンを自分で分解クリーニングする方法

エアコン 掃除 仕方

エアコンの室外機を掃除すべき理由 室外機には定期的に掃除しなければならない理由がいくつかあります。 それが以下の3つです。 エアコン室外機を掃除しないでおくと電気代がかかる• エアコン室外機の掃除をしないと故障しやすくなる• エアコン室外機を掃除するとうるさい音を軽減できる それぞれの詳細について見ていきましょう。 エアコン室外機を掃除しないでおくと電気代がかかる 意外と知られていないことのひとつに、室外機の内部の汚れを放置すると電気代に影響するというものがあります。 室外機の汚れが溜まることで、熱交換がスムーズに行われなくなり、冷暖房効果が弱くなってしまうのです。 こうした状況は「エアコンを使用しているのに暖かくない(涼しくない)」と感じることにつながります。 その結果、設定温度をより高く(低く)することになり、電気代が上昇してしまうことになるのです。 設定温度ほど暖かくない(涼しくない)…と感じる場合は、もしかしたらエアコンの室外機の汚れが原因かもしれません。 エアコン室外機の掃除をしないと故障しやすくなる エアコンの室外機の汚れは故障の原因です。 とくに、室外機のフィンの汚れを放置すると、目詰まりを起こし、空気の移動を妨げてしまいます。 この状況は室外機に負担をかけ、故障しやすくなるのです。 また、室外機の故障だけではなく、屋内のエアコン室内機の故障原因にもなるので、汚れの放置は決して好ましくありません。 エアコンの室外機を掃除するとうるさい音を軽減できる エアコンを使用すると、室外機は「ブーン」といった独特の音をたてます。 室外機の性質上、これを改善することは難しいのですが、掃除することで運転時の音を軽減できることがあるのです。 そもそも、うるさいと感じるほどの運転音の場合、室外機内に汚れが溜まっているという可能性が高くなります。 仮に、汚れが原因で運転時の音が大きくなっている場合は、掃除することであっさりと問題を解消することができるかもしれません。 エアコン室外機の掃除の仕方4ステップ エアコン室外機の掃除はどのように行えば良いのでしょうか。 まずは、以下の4つのステップについてご覧ください。 室外機の外側の汚れを取り除く• エアコン室外機の「金属板」を掃除する• 室外機の水抜き穴の汚れをかき出す• 室外機周辺を片づけて空気の通りを良くする それぞれの詳細について見ていきましょう。 室外機の外側の汚れを取り除く まずは、室外機の外側の汚れを取り除いていきます。 室外機の外側は雨風で汚れやすく、とくに裏側は砂や泥がこびりついていることもあります。 外側の汚れが内部に影響することは少ないものの、万が一のトラブルを避けるためにもしっかりと汚れを除去しておきましょう。 また、汚れた室外機は見栄えも良くありません。 室外機本来の白い色が現れるよう、濡れた雑巾で汚れをしっかりと拭き取りましょう。 エアコン室外機の「金属板」を掃除する エアコン室外機の「金属板」の掃除は、最も重要なポイントです。 金属板とはいわゆる「フィン」のことで、熱交換を行う部分。 ここは、目詰まりを起こしやすいのが特徴です。 金属板の汚れは冷暖房の効果を下げ、電気代の上昇につながるので、しっかりと掃除しなければなりません。 ちなみに、掃除方法はとてもシンプルで、「使い古しの歯ブラシで汚れをかき出す」だけです。 たったこれだけで、溜まっている汚れを綺麗に取り除くことができます。 ただし、金属板は非常にデリケートですので、強い力で行わないことが大切です。 力を入れて掃除をすると、金属板が歪んでしまい、故障の原因となってしまうことがあります。 ブラシの毛先で汚れをかき出すイメージで掃除を進めましょう。 室外機の水抜き穴の汚れをかき出す あまり知られていない部分である、室外機の水抜き穴。 場所は室外機の底で、結露した水分を外へと排出する役割があります。 まれに、汚れが溜まって穴が詰まることがあり、故障してしまうこともあるようです。 そのため、忘れずに掃除をしなければなりません。 細かい部分ですので、割りばしで汚れをかき出すようにして、水抜き穴の詰まりを防いでください。 室外機周辺を片づけて空気の通りを良くする 最後にぜひ意識してほしいのが「室外機周辺の整理」です。 室外機周辺が散らかっていると、空気の通りに影響を及ぼし、掃除をしたのに電気代が上昇してしまうことがあります。 室外機周辺の鉢植えや、放置された段ボール、不用品などが置かれていないかよくチェックしてみましょう。 もし該当するものがあれば、室外機の半径20~30cmより外に移動させて、空気の通りを邪魔しないようにすることが大切です。 エアコン室外機の掃除に適切な頻度とは エアコンの室外機の掃除は、電気代や故障リスクを考えると必要不可欠です。 とはいっても、こまめに掃除しなければならないという部分ではないので、掃除頻度に悩む方は少なくありません。 エアコンの室外機の掃除に適切な頻度は以下の3つを参考にしてみてください。 室外機の掃除は2年に1回が目安• エアコンの使用頻度が高ければ1年に1回は掃除をする• 掃除の時期は5月もしくは10月がおすすめ それぞれの詳細についてみていきましょう。 室外機の掃除は2年に1回が目安 状況や環境などによって異なるものの、室外機の掃除頻度の目安は2年に1回です。 頻繁にエアコンを使用するご家庭はもちろんのこと、あまり使用しない場合でも2年経てば汚れが溜まっていることがほとんど。 「2年に1回必ず掃除をする」と決めておけば、汚れが溜まりすぎない段階で掃除ができますし、故障リスクを下げることができます。 また、使用頻度に関わらず、2年に1回の掃除をルールにすれば、掃除忘れも防げるでしょう。 エアコンの使用頻度が高ければ1年に1回は掃除をする ご家庭によっては、エアコンの使用頻度が高い場合もあるでしょう。 一般的に、エアコンの使用率が高いのは夏と冬ですが、動物を飼っている場合など、ほぼ1年中エアコンを使用しているご家庭もあります。 こうした場合は、エアコンだけではなく室外機にも汚れが溜まりやすいので、1年に1回の掃除がおすすめです。 2年に1回ですと、金属板の目詰まりが深刻になっていることもあり、好ましい頻度とはいえません。 時期を決めて、毎年掃除することをルールにしてみてはいかがでしょうか。 室外機の掃除は5月もしくは10月に行う 室外機を掃除する時期は、5月もしくは10月がおすすめです。 エアコンのフル稼働時期といえるのは夏と冬。 これらの時期よりも前に掃除を済ませておくことで、電気代の上昇や異音などのトラブルを回避することができます。 具体的には夏前の5月と冬前の10月を目安に掃除を検討しましょう。 5月であれば、過ごしやすい気温ですので作業がしやすいのと同時に、梅雨入り前なので雨の中で作業しなければならない可能性が低くなるはずです。 また、10月は本格的な寒さの前。 このタイミングで掃除をしておけば、極寒の中で掃除作業に追われることがありません。 こうした理由から5月、10月が室外機の掃除としてはおすすめの時期なのです。 エアコン室外機の掃除は業者に依頼するのもおすすめ エアコンの室外機の掃除は、必ずしも自分でやらなければならない、ということはありません。 専門の業者に依頼して室外機を掃除してもらうこともできます。 エアコンの室外機は、知識のない素人では完璧に掃除をするのが難しいと感じられるでしょう。 また、多少は落とし残しが生じてしまうもの。 しかし、プロである専門業者は室外機を新品同様に仕上げてくれます。 「どうせ掃除をするのであればピカピカにしたい!」と考えている方にとって、業者への依頼はメリットが大きいといえるでしょう。 ちなみに、業者に室外機の掃除を依頼する場合の相場は、1万5,000円~2万5,000円です。 予算と照らし合わせ、金銭面において問題がなければ、業者への依頼を検討してみてください。 まとめ 今回はエアコンの室外機の掃除方法についてご紹介しました。 一般的には、エアコン室内機の掃除が重要視されますし、定期的な掃除もエアコン室内機のみとなることがほとんど。 室外機の汚れに目を向ける方は少ないものです。 しかし、室外機もエアコン同様に内部が汚れますし、場合によっては電気代の上昇や故障といったあらゆるトラブルに発展してしまいます。 これを機に、一度室外機の内部をチェックしてみましょう。 予想以上に汚れていれば早めに掃除をしておくことが大切です。 ぜひ、今回の記事を参考にしながら、正しい手順で、エアコン室外機の掃除を進めてください。

次の